​HIACE DX

200系HIACE

完全制震・静音施工

ドア

フロアー

​サイド

ルーフ

リアゲート

​HIACE

ハイエース DX

9人乗りタイプ

フロアー

​フラット化

純正のフロアーは、ビニール素材のシートの下にフェルト素材のクッション材が貼り付けられた簡単な作りとなっています。

基本的に荷物を積む事を目的としているので、床面のボコボコ感などもあり、快適とはいえない状態です。

​そこで、下板を作ってフラットにし、通常よりも丈夫な素材のシートを貼りました。

​大型犬を乗せるとお伺いしたので、爪で簡単に破れないシートを選んでいます。

 

まずは、下板の制作です。

​9人乗りタイプは、後ろに2列のシートがあるので、それぞれのシートの取り付け金具に合わせて板をカットします。

金具に合わせてカットした後は、シートの金具と下板の位置合わせの微調整を行います。

​この状態で、金具とフロアーの高さも合わせます。

位置合わせや高さの調整後は、フロアーカーペットの貼り付けです。

今回は、野外での使用にも耐える素材を選びました。通常よりもかなり厚みがあり丈夫です。

リアのシート(2客)は、加工して純正よりもリクライニングの幅を大きく取りました。

​シートのリクライニング部分を一部切断しています。切断部は滑らかにし錆止め処理をしています。

カーペットを貼り終えたら、シートの金具を取り付けます。

完全制震・静音の作業で純正の状態よりもフロアーに厚みがあり、さらに制作したフロアーの厚みも加算されています。

最後部の純正のエンドパネルは加工し、フロアーとの段差を目立ちにくくしています。

近代建築

​Used car sales|Automobile Inspection・Repair|Maintenance|Parts Audio Install|Tire・Wheel

​Photo by Pixabay